- 事業概要 -

山口大学、大阪大学、滋賀医科大学、愛知医科大学、東京慈恵会医科大学の5大学が協力し、医学・歯学・薬学の卒前卒後教育、看護・臨床心理学の卒後教育において、慢性の痛みに関する新しい教育プログラムを構築する。

5大学が中心となり、共通の教育資材、理解度確認問題を作成し、モデル授業を実施するなど、医学部卒前教育において、慢性の痛みに関する共通のカリキュラム作りを行う。各大学で実習やセミナーなど、医学部卒後教育、看護卒後教育、その他の学部の卒前卒後教育、リハビリ系教育機関の卒後教育にも取り組み、セミナーの開催や人材交流を通して地域の医療機関との連携を深め、慢性の痛みを対象とした診療システムの整備につなげる。5大学の人材交流、定期的な合同会議を通じて、それぞれの大学の教育・普及活動のノウハウを共有し、さらにはそれぞれの地域における慢性の痛みに関する集学的診療システムの推進にも寄与する

「発見し・はぐくみ・かたちにする 知の広場」山口大学は過去と未来が出会い東西南北が交差する「知の広場」であり、驚き、個性、出会い、夢を”発見し・はぐくみ・かたちにする”スピリットを持つ人材養成を行う。自立した専門家として社会で活躍するための、知識と能力を身につけ、社会からの信頼と期待にこたえ、人と自然との調和について、考え行動する力をもった人材を育成することを使命としている。慢性痛医療という新たな領域でのすぐれた人材養成は当大学の理念に合致した、新たな使命である。

各大学の実績の活かしたコアカリキュラムの開発