2019年11月7日

International Spinal Cord Society (ISCOS) 2019に参加しました

参加者  山口大学大学院医学系研究科整形外科学: 鈴木秀典

 本年度も昨年に引き続き、11月4 ~7日にかけてISCOSに参加いたしました。本年度はニース(フランス)で学会が開催されました。
 脊髄障害に伴う疼痛の問題に関しては、workshop:2演題、口演;10演題、ポスター発表:6演題で取り上げられていました。
 Workshopのセッションでは、感覚障害の高位などを含めた、国際的な障害分類についての報告と提案がなされていました。また新たな治療として、Virtual Realityを用いたリハビリテーションによる、運動麻痺の改善と疼痛の軽減の可能性について報告されていました。口演では、イギリス、イタリア、スイス、デンマーク、オーストラリア、日本を中心に各国の疫学調査や患者データが示されていました。本邦からの報告では、慢性期脊髄損傷患者の神経障害性疼痛の割合は、これまでの報告よりは少なく8%程度でありましたが、もっとも日常生活で感じるADL障害は「疼痛」であったと報告されていました。また車いす移乗動作や操作に伴う「肩痛」の報告、我が国では承認されていませんが、デンマークで現在進んでいるCannabisによる脊髄障害や多発性硬化症に伴う難治性疼痛治療に関する臨床治験などが報告されていました。また、私たちも現在行っております、functional MRIを用いた研究では、脳内での機能障害が難治性疼痛に関係しているとの報告がなされていました。
 各種薬物治療の報告はなされておりましたが、根本的な脊髄障害の治療、難治性疼痛の将来の治療をリードしているのは、やはり細胞移植療法などの再生医療の領域でした。この領域に関しては、日本が世界をリードしており、国際学会の場でもリーダー的な立ち位置であったことは誇らしいことでありました。私たち山口大学でも脊髄損傷などを中心に疼痛と脳機能の関係を同定する臨床研究、幹細胞を用いた臨床治験などを現在進行形ですすめております。こうした取り組みが、10年先の医療現場での一般的治療となることを確信するとともに、世界をリードできる次世代の基礎研究をさらにすすめていく必要性を痛感いたしました。以上、国際学会での研修について、ご報告をさせていただきました。